静岡県専門学校

覚えた知識、使える技術へ。県内唯一の自動車大学校2学科+3つの研究科全国トップクラスの資格取得率一人ひとりに進...

覚えた知識、使える技術へ。

◆県内唯一の自動車大学校
◆2学科+3つの研究科
◆全国トップクラスの資格取得率
◆一人ひとりに進路指導
◆豊富な教材、豊富な知識
◆実習主体の実践授業

専門学校 静岡工科自動車大学校のもっと詳しい情報を見たい方 WEB非公開の資料を無料請

学部・学科・コース

自動車システム工学科

4年制(50名)

最高位の一級自動車整備士を目指し、メカニックの頂点を極める。

最先端の自動車技術と向き合う4年間。
構造や原理などの知識を学び、さらに実践的な技術を習得。アドバイザー能力なども身につける。

【取得資格】
一級自動車整備士(実技試験免除) | 二級自動車整備士(実技試験免除) | 中古自動車査定士技能検定 | 危険物取扱者 | 損害保険募集人資格 | フォークリフト運転技能講習 | ガス溶接技能講習 | アーク溶接特別教育講習 | 低圧電気取扱特別教育講習 | 研削砥石取替え特別教育講習 | ソーシャル検定 | 特殊小型船舶操縦免許


自動車整備科

2年制(130名)

クルマの基礎から整備技術をマスター。二級自動車整備士を目指す。

基礎・基本が何より大事。ここでの授業はすべての原点。
工具の使い方から様々なクルマの特徴まで幅広い知識と技術をじっくり学ぶ。

【取得資格】
二級自動車整備士(実技試験免除) | 中古自動車査定士技能検定 | 危険物取扱者 | 損害保険募集人資格 | ガス溶接技能講習 | 低圧電気取扱特別教育講習 | ソーシャル検定 | 特殊小型船舶操縦免許 ほか


ファーストクラス研究科

2年制(15名)※二級自動車整備士養成課程修了者が対象です

<2014年4月新設>
2年間で一級自動車整備士を目指す。高度な知識と技術を実践的に学ぶ。


ボディデザイン研究科

1年制(30名)※二級自動車整備士養成課程修了者が対象です

板金塗装からカスタムカー製作まで、車体整備のプロフェッショナルを育成。

損傷したクルマのフレーム修正やボディ成形、またエアブラシや新素材加工などを基礎から学び、センスと技術に磨きをかける。

【取得資格】
自動車車体整備士(実技試験免除) | 有機溶剤作業主任者講習 | フォークリフト運転技能講習 | アーク溶接特別教育講習 | 研削砥石取替え特別教育講習


モーターサイクル研究科

1年制(15名)※二級自動車整備士養成課程修了者が対象です

セッティングからレストアまで、バイク整備のプロフェッショナルを育成。

エンジンのセッティング技術からライディングテクニック、プロのレースを間近で観戦など、あらゆる角度からバイクを学ぶ。

【取得資格】
二級二輪自動車整備士(実技試験免除) | フォークリフト運転技能講習 | アーク溶接特別教育講習 | 研削砥石取替え特別教育講習


ハイメカニック研究科

1年制(15名)※二級自動車整備士養成課程修了者が対象です

クルマの性能を最大限に引き出す、技術派メカニックを育成。

「ボルト一本の大切さ」を極めることでメカニックの本質を学ぶ。精度の高い整備技術を武器に豊富な実習時間の中でレースに参戦。

【取得資格】
国内A級ライセンス | 国内B級ライセンス | FISCOライセンス | アーク溶接特別教育 | 研削砥石取替え特別教育 ほか


施設・設備

自動車整備実習棟/板金塗装実習棟/二輪実習場/ショールーム/パソコン実習室 など

アピールポイント

本校では、自動車関連企業で活躍してきた教員が多く
学生一人ひとりにあった進路指導を行っているため
毎年高い就職率を維持しています。

就職・進路・編入学

職種・仕事一覧

  • 自動車整備士
  • カーデザイナー

資格

資格一覧

  • 2級ジーゼル自動車整備士
  • 1級小型自動車整備士
  • 3級ガソリン自動車整備士
  • 自動車車体整備士
  • 大型特殊自動車免許
  • けん引自動車免許
  • 中古車査定士
  • ガス溶接技能者
  • アーク溶接技能者
  • フォークリフト運転技能者

入試種別

指定校推薦入試
特待生入試
学校推薦入試
企業推薦生入試
一般入試
研究科入試

地図・アクセス

〒420-8507 静岡県静岡市葵区宮前町52-1
専門学校 静岡工科自動車大学校

◆JR「東静岡」駅から 徒歩13分
◆静岡鉄道「柚木」駅から 徒歩5分
専門学校 静岡工科自動車大学校


専門学校 静岡工科自動車大学校の資料請求

もれなく図書カードをプレゼント中

専門学校 静岡工科自動車大学校の地図

専門学校 静岡工科自動車大学校のホームページ

写真

  • 車体の塗装実習ボディデザイン研究科での一コマ。車体からドアを取り外し、スプレーで塗料を吹き付け、ムラなくきれいに仕上げる練習です。スプレーガンを平行に移動しながら、同じ力で吹き付けていきます。何度も繰り返しコツを掴みます。
  • フォーミュラーカー授業車体から伸びるアームとその先のタイヤ。この授業では、それぞれの役割を学びタイヤに掛かる重さや変化を知ります。
  • 大型車の実習授業授業では大型車の実習も行います。大きなタイヤを取り外しブレーキの点検修理を学びます。女子学生も力を合わせ、作業を進めていきます。
  • 車の性能を引き出す実習ハイメカニック研究科では自分たちでレース用に改良したマシンを使い、軽自動車耐久レースに参戦しています。レース車両は普段乗る車と違い、ボルト一本締める力加減でクルマの性能が変わってきます。走る場所、乗る人、その日の気候に合わせた整備を経験していきます。
  • カート実習でクルマを楽しもう1年生の5月~6月頃、オートパラダイス御殿場でカート実習を行います。運転免許の有り無し関係なく楽しめるのがこのカート。サーキット場を貸切り、車がなぜ曲がるのか?走るのか?止まるのか?をカート実習を通し体感していきます。
  • 親睦行事で仲間を作ろう新年度が始まると、新しい環境に慣れるまで落ち着かない日々を送る学生もいます。静岡工科では各学科ごとで親睦行事を行い、学年を超えて仲間を作るきっかけを作ります。同じクラスだけど初めて話をする仲間もいれば、先輩とも仲良くなってる学生も。親睦行事の内容はキックベースやフットサルなど体を動かすスポーツです。得意な人も苦手な人もチームの勝利に向けて一緒に頑張りましょう!!
  • モーターサイクル研究科のライディング実習バイク専門の研究科では自分たちで整備したバイクでライディング実習を行います。セッティングしたバイクの調子を確認したり、安全な走行技術を身につけられるこの実習は学生が楽しみにしている授業の一つです。
  • エンジンの構造を学ぶ授業入学したての1年生は早速クルマについて学んでいきます。車の心臓部「エンジン」の実習。分解して組立てる作業を何度も繰り返し、体に覚えさせていきます。機材が揃っているので少人数で学ぶことができます。見てるだけの授業ではなく、必ず触る授業を行っています。
  • 学生No.1ペアを決めるメカニックコンテスト毎年秋に行われる工科祭のメインイベントです。点検・部品交換・故障箇所の原因探究まで制限時間内に早く、正確に作業できるかを競います。出場に向けて放課後まで残り練習をしています。本番では多くのギャラリーの中、緊張との戦いです。見ごたえあるイベントなので、ぜひ見に来てください。
  • 自転車整備実習棟KOHKAの自動車整備実習場の中心となる建物がここ。 実習棟の中には、様々なメーカーの教材車両が多数そろえられています。 1階、2階は車両整備フロアとなっており、普通車はもちろん大型車の整備も可能。3階は単体部品実習場や溶接実習場といった設備があります。4階には学科教室のほか、電子制御実習室、パソコン実習室といった設備も充実しています。
  • ボディデザイン研究科実習場ボディデザイン研究科の実習場です。 事故車両の車体を修正するコンピュータ計測器とフレーム修正機や塗装前のボディの下地を整えるサンディングブース、 クルマ1台がまるごと入る塗装ブースなど、板金塗装に関する設備が充実しています。
  • モーターサイクル研究科実習室モーターサイクル研究科の実習室です。オンロードスポーツからオフロード、 ネイキッド、モタードなど豊富な車種を取り揃え、バイクの個性を学ぶ事ができます。二輪好きの仲間が自然に集まり、熱いマシン議論が交わされている場所です。
  • 自動車検査場自動車検査ラインを完備。 自動車検査員の資格を持つ教員のもとで実際に完成検査実習を行うことができる本物のファクトリーです。
  • ショールームショールームでは、自動車販売や整備受付、接客対応といった実際の業務を想定した授業を行います。 また、ボディデザイン研究科で制作したカスタムカーやモーターサイクル研究科の実習で使用する教材車両を展示しています。
  • 進路指導室就職活動を行う施設です。企業情報を広く公開し、インターネットを活用した就職情報の収集、 就職エントリー環境も完備。また、履歴書や応募書類の書き方から採用試験対策、面接試験の練習など、 担任と就職担当職員が就職活動の支援を行っています。 また、多くの自動車関連書籍、サービスマニュアルを所蔵して、学生の自主学習をサポート。
  • 学生寮 学生が快適なキャンパスライフをおくれるように地域環境はもちろん、 日常生活をバックアップし、健康で安心して勉強ができるようサポートいたします。
  • 難しいと思う前に、最先端の技術には触れて楽しむ。
  • 積極的に身体を動かすこと。
  • 工具が手に馴染んでくると、またひとつレベルアップ。
  • 身体でおぼえた技術こそが、本物になる。

職種から探す

地域から探す

更新日: