医療業界

需要の変動はあるが、質の高い人材は常に求められる世界のトップを争う長寿国・日本に大きく貢献してきたのが医療の世界であり、その重要性は今後も変わらない。
日進月歩で進歩する医学の世界はその発展に伴い、さまざまな仕事に役割が分担されている。直接、生命に関わる医師、看護師、臨床工学技士らの仕事は、責任は重いがやりがいのある仕事だ。歯に携わる歯科医師や歯科技工士、歯科衛生士は、歯が全身の健康と密接に結びついていることが明らかになるにつれ、人々の関心が高まっている分野だ。医薬分業で人気急上昇中なのが、薬剤師。そして、病院経営になくてはならないのが医療事務スタッフだ。
人々の暮らしに欠かせない医療の仕事だが、近年「医師不足」が深刻化している。特に小児科や産婦人科などでは減少が著しい。実は、医師の人数は毎年増加傾向にある。にもかかわらず医師不足が叫ばれるのは、地域や診療科による医師の数に偏りがあるからだ。さらに看護師についても、その慢性的な不足が問題になっている。医療事務スタッフは、全国どの病院でも必要とされ、また経営業務が複雑化する中で不可欠な存在だ。
時代とともに需要の変動はあるものの、資質の高い医療従事者の確保や、よりよい医療サービスを提供するための仕事は欠かせないものであり、医療関係の仕事の需要はまだまだ高いといえる。

この職業を目指せる学校

  • 注目の専門学校
  • 社会人・既卒者のための専門学校選び
  • 東京・大阪の専門学校を探す
  • 職業から学校紹介
  • 専門学校ガイドがおすすめする短期大学

職種から探す

地域から探す

更新日: