料理業界

料理の技術や知識だけでなく経営センスが求められる業界この分野の仕事は「食」という人間の最も基本的な要求を満たすものだが、人々のニーズは多様化し、それに伴い職種も職域も多種多様になっている。料理を作る調理師や、サービスに携わる料飲サービス士やソムリエ。メニュー開発を行うフードコーディネーターや食のシーンを演出するテーブルコーディネーター。職場も個人店からホテル、外食企業、食品メーカーと多彩だ。しかしいずれも不況のあおりを受け、従来のままの経営では難しくなっている。
市場規模24兆円の外食業界では価格破壊が起こって久しいが、日本マクドナルドが低価格競争以外の新たな戦略を打ち出し話題を呼んだ。牛丼業界でも他業態展開が本格化し、ファミリーレストランや居酒屋業界も、合併・買収が盛んだ。また牛角など新興チェーンが躍進するなど、業界の勢力図は大きく変わる可能性がある。
料理別に見てもラーメンなどB級グルメや回転寿司がブームを呼び、エスニック味も今や一般的になり、デパ地下グルメがもてはやされ、逆にフレンチはなりを潜めている。
時代によって流行の味も業態も目まぐるしく変わる料理の世界。その中で勝ち残っていくためには、料理の腕だけでなく経営センスを持つ人材が求められている。その資質は、直接調理に携わらない職種でも必要だ。

この職業を目指せる学校

日本菓子専門学校
  • 注目の専門学校
  • 社会人・既卒者のための専門学校選び
  • 東京・大阪の専門学校を探す
  • 職業から学校紹介
  • 専門学校ガイドがおすすめする短期大学

職種から探す

地域から探す

更新日: