航空機関士

航空機関士飛行機の安全な運行を支えるエキスパート

飛行機の運行を支える縁の下の力持ちともいわれ、機長、副操縦士に次ぐ第三のパイロットと呼ばれるのが航空機関士。
フライトエンジニアとして操縦室に入り、エンジンや各種システムの監視を行う重要な仕事です。具体的には、搭乗前に飛行記録を調べ、エンジンや機体に異常がないか確認し、問題点があればパイロットや運行管理者をまじえて飛行計画を協議するなどします。操縦室に入ってからは、各システムの計器類、スイッチ類の点検を行い、状態を確認。
さらに、離陸後は各種計器を見ながらエンジン機能をチェックし、飛行中は電気系統から油圧系統、燃料消費、機内温度、気圧などにも気を配りながら安全な飛行を支えます。

この職業を目指せる学校

この職業を目指す学校を探す
  • 注目の専門学校
  • 社会人・既卒者のための専門学校選び
  • 東京・大阪の専門学校を探す
  • 職業から学校紹介
  • 専門学校ガイドがおすすめする短期大学

職種から探す

地域から探す

更新日: