測量士

測量士建設・土木・土地評価に必要な測量技術者。

建築・土木の仕事、不動産の土地評価・境界線の調査、地図作成、地質調査を適性に遂行するためには、測量が必要です。
測量法では、測量士は、地図を作成する際の基本測量、道路や橋などを建設する公共測量の計画立案・実施を行います。また、測量士補は、測量士の作成した計画に従って測量に従事します。住宅建設、道路建設、都市再開発、治山、治水など、その守備範囲は広く、技術力も要求されます。
実際の現場では、技術だけではない人間的な調整力も必要になります。また、測量機材の整備、各種データの収集・整理も仕事です。実測作業は、測量の基本業務であるので、測量士・測量士補を問わず行います。土地家屋調査士や、その他の建築・不動産の資格と複合化し、幅広く業務を行えば営業効率が上がります。

この職業を目指せる学校

東京日建工科専門学校 【東京都】
筑波研究学園専門学校 【茨城県】
日本工科大学校 【兵庫県】
  • 注目の専門学校
  • 社会人・既卒者のための専門学校選び
  • 東京・大阪の専門学校を探す
  • 職業から学校紹介
  • 専門学校ガイドがおすすめする短期大学

職種から探す

地域から探す

更新日: