診療放射線技師

診療放射線技師治療やレントゲン撮影など医療目的の放射線を利用する

診療放射線技師の仕事は大きく分けてX線診断、MR超音波画像診断、超音波診断、眼底写真撮影、ラジオアイソトープ、放射線治療、放射線管理という7部門。そのほとんどが病院や診療所で働いています。
ベッド数が300以上の比較的大きな病院に勤務する人が目立ちますが、職場での技師の数は1人というところが多く、一施設に1~2人の技師という職場が全体の6割を占めます。医療のさまざまな場面で広く使われる放射線ですが、被爆など健康被害の恐れもあります。
放射線専門医とも協力してその危険を最小に抑え、患者さんや医師、看護師など関係者の安全を守ることも大切な仕事。これを放射線管理と呼んでいます。

この職業を目指せる学校

専門学校 東洋公衆衛生学院 【東京都】
  • 注目の専門学校
  • 社会人・既卒者のための専門学校選び
  • 東京・大阪の専門学校を探す
  • 職業から学校紹介
  • 専門学校ガイドがおすすめする短期大学

職種から探す

地域から探す

更新日: