消防官

消防官地域で起こった火災の消火活動や救命活動

火災の消火活動や、ケガ人・病人への救急活動を中心にする消防官の仕事は、実に幅広い分野にわたっています。
119番通報を受け、出動指令をかけると共に災害現場の情報を正確かつ迅速に伝達する「指令業務」。消防車両や消防ヘリコプター、消防艇を活用し、火災時の消火活動にあたる「消火業務」。自然災害や事故が発生した際に出動する、専門的に救助技術を身に付けたレスキュー隊が人命救助にあたる「救助業務」。
水難事故に対しては水難救助隊、山岳事故に対しては山岳救助隊や航空隊、震災や建物の倒壊・土砂崩れなど大規模災害には大型軍機を備えた八イパーレスキューが出動します。急病人やケガ人に対して、応急処置や救命処置を行い、医療機関に搬送する「救急業務」。大規模災害に見舞われた外国に対して救助隊を派遣する「国際消防業務」。
電気・科学・機械など、さまざまな分野の知識を駆使して火災の発生原因を究明する「火災原因調査業務」。
そのほか、建物の安全性を確認する「火災予防業務」や防災意識の啓発にあたる「指導・広報業務」などがあります。いずれも専門的な知識・技術を持ったスペシャリストが担当しています。

この職業を目指せる学校

この職業を目指す学校を探す
  • 注目の専門学校
  • 社会人・既卒者のための専門学校選び
  • 東京・大阪の専門学校を探す
  • 職業から学校紹介
  • 専門学校ガイドがおすすめする短期大学

職種から探す

地域から探す

更新日: