カメラマン

カメラマン広告や写真集など撮影することで収入を得る

カメラマンは、広告・宣伝用の作品を専門的に撮る広告カメラマンと、報道や記録を主として撮る報道カメラマンとに大きく分類されます。その対象物は人物・商品・自然・風景などさまざまです。
被写体は、自分で選ぶ場合とクライアントから指定される場合があります。カメラマンの仕事はまず、被写体をどんな角度で、どのようなライティングで撮影するかを決めることから始まります。構図・レイアウト・照明の角度などを決め、状況に合わせてレンズにも工夫をこらします。
屋外撮影の場合には、撮影場所・時間・天候を検討することも良い写真を撮るためには必要な作業です。撮影したフィルムが白黒の場合には、自分で現像焼付けを行い、カラーの場合は、フィルムメ一カーや専門の現像所に現像を依頼する人がほとんど。こうして撮影した作品をクライアントに提出する場合、ネガやポジなどフィルムで提供するケースと、引き伸して印画紙に焼きつけた作品を提供するケースがあります。
多くの場合、カメラマンが撮影した作品は、印刷することによって商品としての価値が生まれます。

この職業を目指せる学校

この職業を目指す学校を探す
  • 注目の専門学校
  • 社会人・既卒者のための専門学校選び
  • 東京・大阪の専門学校を探す
  • 職業から学校紹介
  • 専門学校ガイドがおすすめする短期大学

職種から探す

地域から探す

更新日: