テレビディレクター

テレビディレクターテレビ番組制作の指揮をとる。

テレビディレクターは実質的な番組制作の責任者であり、指揮者の役割をする仕事です。制作現場で、カメラマン・音響。照明・ビデオエンジニアなどさまざまな専門スタッフを指揮しながら、プロデューサーが意図する企画や方向性、放送作家が書いた台本に沿った番組作りをしていきます。

また、ディレクター自身が企画をたてたり、台本を書くことも少なくありません。番組の内容によって仕事の進め方は少しずつ違います。ドラマのディレクターの場合、演出が主な仕事だといえます。
また、連続ドラマの場合は、回ごとに複数のディレクターが交代することが多くなっており、担当するディレクターによって番組の感じが変わってしまわないように気を付けることも大事です。バラエティやドキュメント系の番組では、番組の演出や構成にも関わるチーフディレクターと、取材など、より現場に近い位置で活躍する一般のディレクターが複数名いるのが普通です。

この職業を目指せる学校

この職業を目指す学校を探す
  • 注目の専門学校
  • 社会人・既卒者のための専門学校選び
  • 東京・大阪の専門学校を探す
  • 職業から学校紹介
  • 専門学校ガイドがおすすめする短期大学

職種から探す

地域から探す

更新日: