DTPオペレーター

DTPとは、(Desk Top Publishing)デスク・トップ・パブリッシングの略で、パソコン上で文章の編集やレイアウトを行うことです。

DTPオペレータの仕事は、デザイナーや顧客の指定によるデザインやレイアウトの支持のもとにパソコンの画面上に文章やイラスト、図版、写真などをデータ化し、必要な画像処理を施して、印刷用のフィルムを作成するのが主な仕事です。
この仕事は、従来の写植・製版による方法からコスト削減や工程短縮を目的として発達してきました。 DTPソフトとは、フォトショップ、イラストレーター、クォークエクスプレスという3つが中心で、ハードは制作業界ではマックが中心です。最近、企業関係では、ウインドウズのデーターが中心になり、一般企業関係中心の印刷会社などではウインドウズとマック双方の体制をとっています。

従来の写植機を用いた方法とDTPが混在している現状では、DTPの仕事範囲も印刷会社や出版社側の方針で様々なので、システムをよく理解し、柔軟に対応できる人材が求められています。
ゆえに、かなりの神経を使う作業も多く、デザイン的なセンスも求められます。 DTPオペレーターの仕事場としては、制作会社、デザイン会社、印刷会社の制作部などがありますが、最近は出版杜の中にも一部、制作室を持つところもあります。
扱う分野(雑誌、広告、書籍など)によって、必要とされる能力は異なってくます。従来の方法とDTPが混在している現在ではデザインの知識などを身につければ、デザイン会社に転職も可能。パソコン操作だけでなく、印刷の工程にも深く関係するため印刷関連知識が必要です。

会社に入って実績を積んでからフリーになるのが一般的です。
派遣社員の二一ズも高い。

在宅ワークが可能なので、女性が一生続けられる仕事です。長時間細かい作業を続けることができる人が向いているかもしれません。

  • 注目の専門学校
  • 社会人・既卒者のための専門学校選び
  • 東京・大阪の専門学校を探す
  • 職業から学校紹介
  • 専門学校ガイドがおすすめする短期大学

職種から探す

地域から探す

更新日: