通関士

日本は、資源が少ないために、諸外国から多くの原材料を輸入し、それを加工して外国に輸出しています。

近年は、円高の影響もあって外国から製品の輸入も増加してきましたが、これらの原材料や製品などを輸入する場合または製品などを輸出する場合には、その都度必要事項を税関長に申告し許可を受けなければなりません。
この税関の許可を受ける手続きを通関手続きと言い、通関士はこの手続きの専門家として通関業者の通関業務に従事しています。
通関手続きは、貨物の輸出入者であればだれでも行うことができますが、貨物によっては輸出入の規制や事前に検査を必要とする場合もあります。
さらに輸入貨物については関税や内国消費税が課せられるものもあり、通関手続きを的確に行うためには専門的知識を必要とするので、輸出入者が自ら通関手続きを行うよりも専門家である通関業者に通関手続きを依頼する方がより効率的であることから、輸出入者は通関手続きを通関業者に依頼しています。
通関業者は輸出入者に代わって通関手続きを代理・代行しますが、通関手続きが的確に行われない場合は通関手続きを依頼した輸出入者に不利益を与えることになるので、法律(通関業法)では、通関業者はその通関業務を行う営業所ごとに原則として通関士を置き、税関に提出する輸出入申告書など通関書類の審査を通関士に行わせ、これに記名捺印させることが義務づけられています。
この通関士による通関書類の審査は、通関手続きを適正かつ円滑に行うために、通関業制度、通関士制度に担保されている最も重要な業務となっています。

なお、この他通関士は輸出入申告書の作成、税関検査の立ち会い、税関に対する不服申し立ての代理として税関に対する主張・陳述などの役割を果たすことも職務の一つとされており、貿易の拡大に伴ってますます重要視される職業です。

  • 注目の専門学校
  • 社会人・既卒者のための専門学校選び
  • 東京・大阪の専門学校を探す
  • 職業から学校紹介
  • 専門学校ガイドがおすすめする短期大学

職種から探す

地域から探す

更新日: