個性豊か! 専門性がありすぎる専門学校パート2

4月15日

以前の記事では、専門学校の中には本当に専門性の高いマニアックな学校が数多くあることをご紹介させて頂きました。
今回はその続きとして、前回では紹介しきれなかった専門性がありすぎる専門学校をさらにご紹介していきたいと思います。
このページをご覧の高校生の皆さんは、ぜひ卒業後の進路選びのヒントにしてみてください。

■DJの専門学校

音楽系の専門学校の中には、コースの1つとして「DJコース」を設けているところがあります。
まだ日本国内での社会的地位がそれほど高くないDJですが、海外では高収入を得られる人気の職業の1つとなっています。
なんでも世界的に人気のあるトップDJにもなると、1年間で数十億円を稼いでいるそうですよ。

■釣りの専門学校

一流の釣り師を養成するための釣りの専門学校が大阪や福岡、そして河口湖などに設けられています。
講師はプロを含めた業界で有名な釣り師が務めていて、授業では釣りの技術だけでなく、社会人として必要な知識、教養、マナーなども一緒に教えてくれるそうです。
卒業生の中には、現在プロの釣り師として活躍している人もいるとのことです。

■葬儀の専門学校

結婚式場で働く「ウエディングプランナー」や「ブライダルスタイリスト」を養成する専門学校はたくさんありますが、その中にはコースの1つとして「葬儀ディレクターコース」を設けているところもあります。
そのイメージの悪さからかウエディング関係のコースほど生徒はいないようですが、結婚式と同じように葬儀も立派な日本の儀式の1つです。
日本で伝統的に行われている「葬儀」という文化を絶やさないためにも、葬儀のプロとして働いてみるのも良いのではないでしょうか。

■伝統工芸の専門学校

芸術系・美術系の専門学校の中でも、陶芸や彫刻、和紙工芸といった伝統工芸を専門に教えている専門学校がいくつかあります。
こういった専門学校には実際に全国の工房や企業から求人が集まってくるらしいため、卒業後に実際に伝統工芸家として活躍することも難しくないようです。
もちろん講師陣には、一流の各工芸界の第一人者が揃っているとのことです。

■ツアーコンダクターの専門学校

高齢化社会が進んでいる日本では、今後ツアーの案内役となるツアーコンダクターの需要がどんどん高まっていくといわれています。
そのためツアーコンダクターを養成するコースがある専門学校に通い「旅程管理主任者」の資格を取得すれば、卒業後は高い確率でツアーコンダクターになれることでしょう。
また通う専門学校によっては、在学1年目から実際にツアーコンダクターの仕事を体験することもできるようです。

■競馬の専門学校

競馬の世界を影で支えている調教師や装蹄師を養成する専門学校も存在しています。
「競馬が好きだけど騎手になるよりも、馬を育てるホースマンになりたい」と考えている方は、ぜひ競馬の専門学校への入学を検討してみてはいかがでしょうか。

職種から探す

地域から探す

更新日: